AX
topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穣一朗が閃いた? - 2014.11.18 Tue

中々ブログを書く時間もなくて…
フェイスブックの投稿記事ですが
転載します(笑)


連日の長い待機…
なので最近の嬉しかった事について…(笑)


10月より息子の所属する軟式野球クラブチームの活躍に参加して練習試合で球審をさせて貰ってます。なので真後ろから息子のバッティングも観察出来るのでして(^^;;

全般的に言える事は
どの選手もフライアウトが多いという事。
そしてフライのとりこぼしは
殆どない。
良い当たりでも外野手の守備範囲で捕球されてしまいます。
その代わり、ゴロが転がると
エラーもあるし、出塁の確率が高い。

投手の投げるボールも変化球も結構曲がったり落ちたりと
ストライクボールのジャッジも大変です。
ただ長年のドライバー経験で身に付けた動体視力のおかげ?結構ボールは見えます(笑)

さて息子の穣一朗ですが
決して長打がある訳でもなく
かと言って打率が良い訳でもない…
ただ、高めのボール球には
手を出さなくなってまして
四球を選び出塁が多いかなって感じでした。
守備に関してはレフトとライトを守る機会が殆ど。
守備範囲に関してはまあまあかな?(笑)

そんな中、玄洋中学校との練習試合。
最終回2アウト満塁で
回ってきた打席…
ショート後方へフラフラとポテンヒットでサヨナラ勝利(笑)

しかし試合後に監督には

「当てにいってたまたま落ちたヒットだ」

と指導を受けてました^_^;

センター中心に打ち返す事は
意識してるのですが、中々自分で納得する打球にならない…

毎週木曜日、皿山のSGTでの
練習でも悩んでる様子。

そんな中、先週の日米野球を
テレビで観戦してましたら

「内川の右打ちって左打者では出来んとかな?」

ソフトバンクの内川選手。
今の日本プロ野球に彼ほど
右打ちが上手い打者はいませんね。
そして内川選手の様な右打ちをする選手もいないし、ましては身体が出来てない中学生では無理…

しかし研究してみる価値はあるかもしれない?

なので穣一朗と全くの素人だった僕とで始めたウインドミル投法の練習の時のように
YouTubeの映像をPCに取り込んでスローしたりして研究(^^;;

そこで気付いた事は…

右打ちの瞬間に右肩が前に出ない事。
と言う事は左打者なら
左肩を出さない事を意識すればいいかも…(笑)

日曜日の朝、箱崎中学校との
練習試合に向かう穣一朗に

「とにかくチャンスがあったら左肩を出さない様に意識してやってん」と伝えてました。

夕方から宮崎に向けてハンドルを握ってましたらLINEで
穣一朗から連絡が来ました。

「タイムリー打ったよ」

「左肩を出さない事を意識したらショートの頭を強い打球で越えていった」

「監督からは今の感覚を忘れるなよって言われたよ」

もしかしたら、たまたまだったかもしれないし、次が打てるとは限らない。

けど、某監督さんから頂いた

「スイッチを持ってますか?
今、何がONになってますか?
ポケットに何時もスイッチを入れてますか?」

のアドバイスを受けて
久しぶりに親子で研究して
ちょっとだけスイッチが入ったかもです(^^;;

今朝は5時40分に目覚ましをかけていた穣一朗。
僕は5時45分に家を出たから
その後の事は分かりませんが
間違いなくスイッチを自らONにしてきてる様です(^^;;

今週日曜日は片江中学校との練習試合。
片江中学校野球部には
僕の同級生の息子がバッテリーらしい(^^)

楽しい日曜日になりそうですな~~(笑)
スポンサーサイト

目からウロコ - 2014.09.30 Tue

今週は海コン担当のジョウパパ(^^;;
普段の飲料水運搬と違いまして気持ち的に少し楽?骨休めしてます(笑)
昨日は大分と日出町の二ヶ所で牧草卸し。





仕事ネタを書くという事は穣一朗のネタは無い⁇(笑)
いえいえ、ありますよ~(^^)

日曜日は先月亡くなったおふくろの四十九日法要でした。
終わってからジョウパパ一家はバタバタとお出かけ。

行き先は…

南区の三宅小学校❗️

この日、三宅小学校では小学生ソフトボールチームの三宅イーグルスさんが練習されてまして、こちらの監督であるK代監督に
穣一朗の技術指導を受けたく馳せ参上?(笑)
ではなくてお邪魔させて貰いました(^^;;

到着してびっくりしたのが、普通の小学校練習なのに保護者の数が半端ないくらい多い(^^)
試合でもあったの?というくらい大人数で練習風景をビデオや写真に撮ってある方々も多くてチーム全体の雰囲気が一致団結してるのが良くわかりました(^^)

さてこちらのK代監督さんとの付き合いはと言いますと…

昨年のブロガーオフ会で同じテーブルにご一緒させてもらい、その後、筑紫野の青い小僧軍団との練習試合で当時、向うところ敵なしだった三宅イーグルスエースのミユウちゃん
(現在中学一年生で女子ソフトボールU19日本代表)
の投げる試合の球審をさせてもらい
更にそれからFBを通じて付き合いさせて貰っております。

甲子園には春夏と2回出場、中学、高校、社会人の指導者を経験されてあるので技術指導は天下一品❗️
そして自らの経験に基づいての人間育成にも非常に素晴らしい考えを持たれてあるナイスな監督さんです。

そんなK代監督さんに先日、穣一朗の素振り動画を観て頂きましたら
詳しくは実際に素振りを観て伝えたいとの事(^^)

非常に嬉しいお話を頂きまして
日曜日に三宅イーグルスさんにお邪魔したという訳です(^^;;

挨拶を済ませましたらK代監督は直ぐに
穣一朗に

「素振り観ようか」

と声をかけられて20分程、技術指導を頂きました(笑)



終わってからの穣一朗はと言いますと…

ジョウパパは初めて見ましたね、穣一朗のあんな顔(^^)

まさに、目からウロコって顔❗️

それからずっと教えて貰ったポイントを
意識してバンバン素振り(笑)

詳しくは企業秘密?

穣一朗曰く、たった2回素振りしただけで欠点や打球の状態を見抜かれて
悩んでいた身体が前に突っ込んでしまうのが治ったとの事(^^)

まぁ~後は穣一朗自身の努力次第ですが
スイッチオンになった事は間違いない?(笑)

そして夕方18時をまわり練習が終わってご挨拶をした際にK代監督が穣一朗に伝えた言葉にジョウパパは本当に感銘しました。

「野球をさせて貰ってる事を親に
感謝して頑張りなさい。また経過を見たいと思います。」

聞いてからもう、夫婦で絶句・・・・

感謝と言う言葉は野球に関わってましたらよく耳にします。
耳にしますが、指導する際に言葉として発することはあまり聞いた事は
ジョウパパ自身ありませんでした。
(もちろん卒団式等では聞きますけどね( ̄∀ ̄)

その「感謝」と言う言葉をサラッと発して
指導される姿は、まさに穣一朗が目指してる高校野球の素晴らしい部分。
そして本当の意味での「感謝」も想いをしってるからこそ??

因みに穣一朗の所属する赤い小僧軍団の
チーム名の由来は
ドイツ語のDANK(感謝)から(*^^*)

福岡の小学生ソフトボール界に彗星のごとく現れた?素晴らしい指導者は
他の方々が言いにくい意見もズバッと発してありますがその真意は
子供達が目標に向かって行く姿を応援したいからだからこそ…(*^^*)

一期一会と言う言葉がありますが
今回のように息子・穣一朗がこのような素晴らしい指導をしていただけたのも
東区の重鎮さんとの出会いからがあってこそ??

改めて人の縁に感謝です❗️

PS

そう言えば三宅小学校で不思議な出会い(^^)

初めて本物の?はやPに会いました(爆)






# 右投げ左打ち - 2014.09.22 Mon

今夜も宮崎に向かってますが、現在時間調整中?
九州道山江SAで0時廻るまで待機してます(笑)
(深夜3割引適用する為ね)

なのでブログ更新(^^;;

土曜日の全軟三回戦である白龍BBC戦は7-1の大敗…

敗因は様々な様ですが、穣一朗から聞いた監督の言葉の通り
まだ赤い小僧達それぞれが1人で野球してると
ジョウママからのLINE実況をもらいながら
ジョウパパも思いました(^^;;

ミスからランナーが出て更にミスが連鎖してしまうのは

『自分がなんとかしなければ』

『ミスったらどうしよう…』

ちょっと厳しい言い方しますが

選手それぞれが自分のことしか考えてない証拠?

その結果はバッティングにも出てしまい
フライアウトのオンパレード…(^^;;

穣一朗も三打席ともノーヒットだったらしく
フライアウトばかり…

これは何かバッティング自体に問題があるのではないかと思いまして、今朝素振りしていた穣一朗を連写(笑)



ん~~^_^; やはりインパクトの瞬間の
俗に言う押し込みが甘いのかな?

スイングスピードは以前に比べて速くなってるようでしたが…
ジョウパパはバッティング論は苦手?
読書の方で何か気付いた点がありましたらアドバイスお願いします(笑)

なんかこんな感じが多いらしいので~_~;



今では立派な?左バッターなのですが
実は元々、右バッターだったんです^_^;
小学3年生の頃、ソフトボールを始めて3ヶ月くらいたった頃にフライをスライディングキャッチして右膝をざっくりと切った怪我をしたんです。
それでリハビリがてら素振りする際に
右打ちだと右足が軸になるから踏ん張れないので左打ちで素振りをさせてみたら案外恰好がよかったんです。なのでそのまま左打ちで練習を始めました。
周りからは反対意見も出ましたが
穣一朗自身が川崎宗則選手に憧れてましたし、穣一朗本人が頑張るからと言いましたので、そのまま続けさせました。
今では逆に右打ちは出来ない?
それと効き目を試したら右目でしたので
もしかしたら左打ちの方が合ってるかもって素人親父が勝手に勘違い?(笑)

今は長谷川選手を意識してるらしいですがね(笑)





そんなこんなで右投げ左打ちになってしまった穣一朗。

本日の練習試合では3打数1安打だったそうで…

親友の樹が5番、穣一朗は6番が定番になってますから樹が出塁したらなんとか左方向へ打って最悪、進塁打が欲しいかな?

おっと時間になりました(^^;;
親バカ親父のウンチクは今夜はこれくらいでお開きと言うことで(爆)

新たな挑戦?? - 2012.04.24 Tue

2012/4/24
鮮烈なデビュー??から2日経ちまして(^^♪
ようやく、落ち着いて振り返る事が出来てきました(#^.^#)

考えてみればここ2週間の間で、バタバタのチーム移籍・・・・
そして友達も知り合いも全く無しの
状況の中、
暖かいタシマリーンズの皆様のバックアップもありまして
今まで見たことのない落ち着いた穣一朗を見れた事は
素直に嬉しかったし、この先の希望が持てました。
まだまだ、色々な苦難があるとは思いますが、今回の選択は絶対に
間違いでは無かったと親として確信出来ました(#^.^#)


そしてもっと意外でしたのが、バッティング(-^〇^-)

昨年度は、全く打てなかった穣一朗・・・
年間打率は、0.189 、ホームランは無し、獲得したタイトルは空振り三振王?(^^♪

それが、何故なのか??移籍した途端に成績だけは、残しまして・・・・
これもシカ様マジック??

なので、やはり伸びる部分をもっと・・・と思う親心から
以前から欲しいなと思ってました、バッティング用のバトミントンの羽根?を帰りに
購入してきまして夕方、二人で試してみました(-^〇^-)



これ、かなりいいですね。フルスイング出来て、バットコントロールの練習も出来て
一番は、楽しんで練習できます(#^.^#)

撮影は穣ママにしてもらったのですが

「お父さんと穣一朗が笑いながら練習してるのは
 久しぶりに見たよ」


と言われて、私も思わず

「穣一朗がソフトボールを始めた頃を思い出したよ」


今週末もフレンドシップリーグ戦、そして30日は、西日本大会の予選と
忙しい日々が続きそうです(^^♪

最近、このブログのアクセス数がウナギ登り??
色々な方々に読んでもらってるので、ちょっと宣伝?

穣一朗の義兄弟??&ライバルでもあるタツキが所属してる
山口塾主催の2号球大会が子供の日に開催されますが
もう少し、参加チームが足りてないようでして・・・・
以下、記載しますのでこの記事を読んで
参加出来るチームは、ご一報ください(^^♪


5月5日(土)の子供の日


大会名・端牛の節句杯

主催・山口塾(福岡フレッシュリーグ)

場所・城西中第二グラウンド

使用球・検定2号球

参加費・6千円

予選リンク式

参加決定チーム

山口塾
田島ソフトボールクラブ
拾六町ホワイトソックス
柚須ジュニアソフトボール部
弥永リトルガッツ
大楠少年ソフト
那珂イーグルス




穣パパ個人的には、先日、負けた鶴クラさんや穣一朗が対戦したい老司さんが
参加してくれると嬉しいのですが・・・(#^.^#)

是非、よろしくお願いいたします。

バッティングについて - 2012.03.27 Tue

2012/3/27
本日もいつもの様に早起きですが、仕事はある事情で休みです(#^.^#)
日曜の夜から鹿児島へ下りでしたので睡眠不足のはずですが、やはり目が覚めてしまいます。
なので、とりあえずブログ更新(^^♪
何時ものウインドミルネタではなくて本日は、久しぶりのバッティングについてです。

穣一朗のバッティングに関しては、私は殆ど指導してません。
一つだけ言ってることは外角の球をレフト方向へ強く打つように右足をベースに向かって踏み込めです。

我がゲンキーズのイケメンコーチ??であります慎コーチが昨年から穣一朗のバッティングについて
指導してくれてます。とにかく前に突っ込む癖が強かった穣一朗。
熱心に根気良く穣一朗を諭してくれて、
すり足を基準にあらかじめテイクバックを取った構えで
速球に対応出来るバッティングフォームに改造し、指導して頂いた結果、
遂に開花した打席が先日のフラップスとのドリームマッチでありました(^^♪



これでホームランにならないところが穣一朗らしいですけど(^^♪
ようやく結果が出てきたので2塁塁審されてた慎コーチも嬉しそうでした。
フラップスベンチからも声援をもらい、穣一朗も照れながら嬉しそうでした。

穣一朗が3年生の時の6年生で憧れだった1番左バッターのユウジも夏前位から一気にバッティングが
開花しました。あの頃のユウジの様に涙を拭きながらのホームランが、見れる予感がしてきました(#^.^#)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジョウパパ

Author:ジョウパパ
高校球児の息子で野球バカ?穣一朗の父親です(^^♪
仕事はトレーラーの運ちゃん(^^♪
北陸・中国地方・九州一円を走ってます。
趣味はビデオ編集です。

息子の穣一朗は夢の甲子園を目指して小学生時代は
ソフトボールに熱中?
中学ではは軟式野球クラブチームで頑張り
現在は親元を離れて島根県益田市にて高校野球をがんばってます。
憧れの選手はブルージェイズ川崎宗則選手、千葉ロッテ岡田幸文選手(^^)
ポジションは外野手でミート打法中心の左バッター。
夢である甲子園出場を胸に仲間達と日々奮闘中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
DVD作成 (22)
ウインドミル (29)
嬉しいこと (166)
試合 (56)
プライベート (12)
チーム練習 (10)
道具 (21)
野球論 (7)
バッティング (8)
体のケア (5)
悲しいこと (5)
仕事 (7)
自主練習 (2)
目標 (8)
フレッシュリーグ (1)
考えた事 (54)
硬式野球 (1)
独り言 (17)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。