AX
topimage

2013-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえてタイトル無し - 2013.10.30 Wed

2013/10/30
色々あった10月ですが、明日で終わりです。
ほんと、めまぐるしい程、僕自身の環境が変わりまして(;´д`)トホホ…
そんな中、ある事がキッカケで自分の足元を見つめ直す事ができました。
そして忘れていた事に気づいたんです。
まさに

灯台下暗し・・・

4月に穣一朗がダンカーズに入部してからは殆ど関わらない様にしてきました。
それは僕が関われば、また穣一朗を苦しめる様なことになるかもしれないと言う
僕自身の恐怖心からの行動だったかもしれません。
なので青いユニフォームを頂いてお世話になったチームへの恩返しと言う考えで週末は親子別々に
半年間活動してました。
しかし、どこかで最初の考え方から歪んで行ったような気がします。
忙しい日々の中で仕事とコーチ業の両立に苦しみ、いつしかそれが焦りや憤りを感じる様になってしまいました。
今年に限っては、猛暑も影響しました。
7月.8月と経験したことない暑さに体力を奪われてました。寝不足も続いて正直苦しい毎日でした。
9月に入っても中々涼しくならなかった中で僕の精神と肉体は限界近くまで行きました。
そんな中からくるイライラが言葉としてチームに伝わり大きな迷惑をかけたと思います。
そして全てがダメになり、何もかもが嫌になった時に
深呼吸をして3歩下がるアドバイスをもらいました。
そして気づきました。

あ、俺は、穣一朗の父親なんだって・・・・

今までも、これからも穣一朗の父親なんだって・・・・

熱血父ちゃんと野球バカ小僧の親子なんだって・・・・

だからもう、無理をするのはやめよう・・・・

穣一朗を静かに応援して行こう・・・・

そう考えたら本当に楽になれました。

そんな時にあるママさんから言われたんです。

「どうしたらそんな風に野球バカの子供を育てられるんですか?」

ん??? 

確かに野球に関しては絶対に努力を惜しまない。
言われてみればどうしてなんだろう???

似たような例がありまして
ジョウママが先月かな?会社の朝礼の中で一人一人今日の目標みたいな事を発表する中で

「夕べうちの子は40度近い熱を出して急患に行きました。今朝になって38度に下がりました。
夏休み前から近くの神社の階段をダッシュしに行ってますが、38度でも行きました。
止めても行きました。我が子ながら感心しました。私も負けないように今日もがんばります」


この話を聞いて同じように

「どうしたらそんなに頑張る子供に育つんですか?」

と先輩社員の方々から質問されたそうです(^^♪
確かに野球に関することでは手抜きをしないんですよね。
(勉強もこれくらいやってくれるといいのですが・・・・涙)
余談ですが・・・
このジョウママの発言で朝礼で子供自慢するママさんが増えたらしい・・・(^^♪

今朝は久しぶりに階段ダッシュを覗きに行って来ました。
気温は12度。穣一朗は5時20分に家を出ました。
僕は家を5時30分に出て老松神社で待ってました。辺りはまだ真っ暗でした。
5時45分に観光道路の方から4人の小僧たちが走ってきました。
そしてゆっくりと足元を注意しながら階段を登り始めました。
まさに、灯台下暗しにならないように?小僧たちは足元をしっかりと
確認しながらダッシュをしてました。
怪我をしないように明るい時ほど猛ダッシュではなくて確実にゆっくりと・・・・

老松神社 10月終わり

その様子をみて思いました。

穣一朗は、この階段ダッシュの大事さが月日を重ねていくごとに分かってきてるなって。
それが、熱を出しても休まない、野球に関する事だけは手を抜かない原動力になってきてるなって・・・

もちろん、この階段ダッシュが続けてこれたのは穣一朗だけの力では無理でした。
可愛がってる弟?や慕ってくれてる後輩や
何も言わなくても分かってくれてる親友の力があったからこそなんですよね。

これから先、寒さや布団の温もりとの戦いが非常に厳しくなりますが
このメンバーはずっと続けて行くと今朝の様子を見て僕は確信しました(^^♪



穣一朗の話に続いてわたくしジョウパパの話題です(^^♪

先日、筑紫野の青いチームさんを訪問した際にこんな事がありました。
アップが終わって別の小学校へ移動する際にキャッチャー君が僕に尋ねてきました。

「試合も見に来てくれるんですか?」

「うん、見に行くよ」

「やった~~」


そしてこんな事もありました。

試合前、ピッチャー君二人が

「受けてもらっていいですか?」


そして大量失点後、ベンチに下ろされたピッチャー君は
監督から叱咤激励された後、再び

「受けてもらっていいですか?」

練習試合まで終わって最後にチーム全員がお礼を言って挨拶してくれた時は
本当に嬉しかった・・・
 
昔?穣一朗が初ホームラン打って、最後空振り三振を奪って
公式戦初勝利を挙げたときと同じくらい嬉しかった・・・・

だから、そんな子供たちに何かを伝えたくなって、
今までの穣一朗と頑張ってきた映像をひとつにまとめたモノを作りました(^^♪
(ただ単にくっつけただけですが・・・)

2013年 波乱万丈 ジャケット

一昨日の晩、ジョウママと二人で出来上がったDVDを見ました。
一杯いろいろあったし楽しかった事や苦しかった事がありました。
けど、何とか家族で乗り越えてきたんです。そんな話を二人でしました。

我が家のように1年間で3チームも変わるような馬鹿な家庭は無いでしょうけど
色んな事で悩んだり困ったりしてる子供達やパパ・ママがいるとしたら
助けてあげれたらって・・・
僕と穣一朗が過ごした4年間のソフトボールの記録とこれからも続く夢に向かっての
記録を残していってソフトボールを頑張る子供たちやパパ・ママに
親子で頑張る事がどんなに素晴らしい事なのかを伝えて行きたいんだと・・・
酔っ払って語ってた??(爆)

という事で4年間分のソフトボール記録と今年、半年間の野球記録をまとめてみたというわけです(^^♪

いまいち伝えたい事が伝わりにくい文章になってますが・・・(;_;)

そしてこんな親バカブログをなんで喜んでくれる人がいるのかなって考えたら
僕のこれからする事が分かった気がしました。

単純でいいんですよね。
難しく考えないで。

こんな無茶苦茶なブログを毎日50人くらいは、読みたいって思ってくれるなんて最高です(^^♪
だから親バカブログはこれからも書いていきます。
(最近、この宣言が多い?それだけ色々あったんですよ)

しかし明日より現場に復帰しますので、また更新頻度が落ちるかも・・・・
殆どが車の中での生活なので練習も見れないし、できないし・・・涙
スマホやタブレットでの更新ってキーボードじゃないから難しいんですよね。
ん??タブレット用のキーボードがあるじゃないかって??
確かにそうだな・・・・
ネタはいくらでもある?確かにそうだな・・・
いつの間にかトレーラーの運ちゃん日記に変わってるかも?(爆)

ま、忘れてもらわない程度に頑張りますのでどうぞご期待下さい(^^♪


スポンサーサイト

新・青い小僧物語 その2 - 2013.10.28 Mon

2013/10/28
新・青い小僧物語その2でございます(^^♪

天拝での練習終了後、城南区まで帰る道中は土曜日の夕方で結構、渋滞してまして・・・
そんな中、以前作った穣一朗のウインドミル日記のDVDを観ながら帰宅。
これが、ジョウパパの眠っていた闘志に火をつけてしまった??

次の日の日曜日の朝、ダンカーズは梅林中学校で練習試合、ジョウママも当番。
その穣一朗とジョウママよりも家を早く出るジョウパパ。
穣一朗から言われました。

穣一朗・・・・「まだ8時前ばい。どこに行きよると?」

ジョウパパ・・「やっぱり気になるけん、筑紫野まで試合を見てくる」



そう、この日、湯町ライオンズさんは太宰府リーグとの交流試合と聞いてました。
なので、そそくさと筑紫野市へ向かって運転してましたら三隅監督からメールが(^^♪

「試合開始は11時10分からですので二日市小でアップしてます」

コソッと試合を覗きに行くつもりが、あまりにも時間があまり過ぎてしまう・・・・
なので恥ずかしい気もしましたが、二日市小に向かいました(^^♪

という事で?ある意味、堂々と試合の方も観戦させてもらいました。

太宰府東小での試合

太宰府の高台にある太宰府東小学校での筑紫野リーグさんと太宰府リーグさんの交流試合大会で
湯町ライオンズさんは東が丘ソフトさんと通古賀さんとの対戦でした。

ただ残念な事に湯町のエース君が昨日の投げ込み過ぎ??肘の上が腫れてまして途中で制球力が
なくなってしまい、ハブボールでの奪三振ショーは次回に持ち越し・・・(^^♪
(早く腫れが引けばいいですが・・・・)

その代わりに投げたのが、背番号3番君。

この3番君は以前、練習試合で旧・青い小僧時代に対戦してましたので覚えてました。
投げる姿は、特徴のあるピッチングフォーム、そうまさしく世界最速投手のアダムフォーカード(爆)
前日、球を受けた感触は重たい球を投げる印象。
回転は綺麗な縦回転なので低めにコントロールすれば、まず飛ばされる事ないかなって(^^♪
そんな予想通り?重たい球でグイグイ押して長打を打たれることなく初戦の東が丘さんには勝利(^^♪

そしてお昼からの2試合目の通古賀イーグレッツさんとの対戦。
相手のミスで2点先制しましたが、久しぶりに見ました。
たった1球でピッチャーが崩れた瞬間を・・・・

途中から制球に苦しんだ感じで投げてる様子だった背番号3番君。
足場も合わないし、思うように投げれてない感じ・・・
そこで何とか討ち取ったと思ったピッチャーゴロをファーストへ投げたら
ファースト君がポトリ・・・・
その瞬間、背番号3番君の表情が曇りました。
もう、そこからは完全にリズムを崩してしまった背番号3番君・・・・

結局、大敗してしまいました・・・(涙)

コーチであるお父さん、スコアラーであるお母さんの気持ち
痛いくらいに分かりました。
ぶっちゃけ、あれくらい辛い事はないんですよね、親として(^^♪
ジョウパパもジョウママも毎週って言っていい程、経験しました。
だから、よ~~~くわかります。

帰宅してですが、穣一朗とジョウママにこの話をしましたら
二人とも口を揃えて言ってました。

「俺と和也みたいやね」「穣一朗と和也の時みたい」

そう、穣一朗と今もダンカーズでチームメイトでゲンキーズ時代は
ファーストだった和也(^^♪


ちょっと思い出したんで、こんな記事を転載します。


2011・5・9 試練の投球より

さて本日の最終試合は、フレッシュリーグ伝統の一戦
ゲンキーズVS山口塾

穣一朗先発です。が、試合の間が開きすぎたのか、チーム全員がいまいち気合が入ってない様子・・・
おまけに最終試合ですので荒れたサークル内。思うように足場が固まらないので抜けた球が・・・
初回から4つもエラーが続き、打たれてないのに得点される最悪パターン。
いきなり4点のビハインドです。

1回裏、先頭のリョウメイが右中間へナイスバッティング!
2番リョウタのナイスバントでファースト悪送球を誘い、リョウメイ、ホームイン
で1点返しました。キャプテンのセンター前ヒットでノーアウト1.3塁のチャンス!
ここで4番のノボルでした。3球目、鋭い当たりがショート正面(涙)、おまけに飛び出したキャプテンが
アウトでダブルプレー・・・5番カズヤは、高目のボールでやられて三振でした。

2回表、やっとエンジンが掛かりだした穣一朗。ファーボールのランナーを出しましたが
三振を2個奪い、最後は、ファーストフライでした。

2回裏、6番、穣一朗からでした。3球目の高めのボール球をうまく打ってレフト前へヒット!
7番、リクの初球からスチール成功です。3球目をライト前に打ちますが足が・・・
ライトゴロになりましてランナーが穣一朗、3塁です。
8番は、スタメンでライトのマー君。泣き虫12番、2ストライクと追い込まれましたが
意地で食らいつきましてピッチャー返し!アウトになりましたが穣一朗が、ホームインで
4-2と点差を近じめました。
ここで9番コウイチでした。いきなり初球を叩き、センター前へヒットのはずが・・・
前回の行橋の再現ビデオ??のようにまたしてもセンターゴロでした(涙)

3回表、山口塾は、3番からの好打順。ショートゴロに打ち取ったはずがエラー・・・
続く4番は、なんとかマムシボールで三振を取りました。
5番は山口塾キャプテン。穣一朗も前回の対戦で打たれてますので警戒してました。
ストレート、シーサー、と使い追い込みましてチェンジアップでしたが・・
やはり足場がイボル(笑) うまく抜けません(涙)
最後は、ストレート勝負で、セカンドゴロのはずが、またまたエラー・・・
6番も追い込みましてショートゴロに打ち取ったはずが、またまたまたエラー・・・
追加点を許しちゃいました。
続く7番には、甘く入ったボールをレフトへ流され更に追加され6-2と4点差。
1アウト1・3塁でしたが8番バッターをピッチャーフライに打ち取り2アウト。
ここでファーストカズヤと接触しかけて危なかったですが。
最後、ラストバッターもピッチャーゴロで切り抜けました。
この時点で4点差・・・。ベンチも保護者席もなんとなく敗戦ムードが、漂ってました。

3回裏、この回は、トップのリョウメイ。絶好調でした。綺麗に三遊間を破り出塁します。
2番、リョウタは、サードへ引っ掛けちゃいましてランナーを進められません(涙)
おまけに盗塁失敗して2アウト。3番キャプテンもショートゴロで3アウト・・・
簡単に三者凡退。
かなりやばくなってきました(涙)

しかし、この回のベンチでちょっとした事件が発生(笑)

その事件とは・・・・

3回表の2アウト目、ピッチャーフライを取った時にファーストカズヤとぶつかりそうになってました。
チェンジになりベンチに入ってカズヤは、穣一朗に話しかけてきたそうです。


カズヤ・・・「穣、ぶつかりそうになってゴメン。それと1回の時も全然、フライを取れなくてゴメン・・・」

穣一朗・・・「カズヤ、次は頼むぜ!」


この二人の中で、こういった会話が交わされたのは、初めてでした。
ソフトボールを始めたのもほぼ同時期。お互いに成長してきてレギュラーを勝ち取り
仲間であり、ライバルであり、去年に続いて同じクラスという穣一朗にとっては親友です。
この会話で奮起した穣一朗。
ブースト全開モード突入です。

穣一朗 長丘




4回表、山口塾は、トップからです。しかし今度こそきっちりショートゴロで打ち取り1アウト。
続く2番は、力のあるボールで追い込み最後は、出ました!チェンジアップ(笑)
この日、4個目の奪三振で2アウト。最後もセカンドゴロに打ち取り三者凡退で最終回へ・・・

4回裏、点差は4点・・・先頭は、4番ノボル。2球目をレフト前にクリーンヒット。
続く5番カズヤは・・・・強烈なピッチャー返しでノーアウト1・2塁!
ここで6番、穣一朗。3球目、キャッチャーがこぼした隙にノボルが、進塁して2・3塁のチャンス。
4球目をセカンドへ強い打球で弾かせ、ノボルは、ホームへ!
バックホーム、クロスプレーでしたが
判定は、セーフ! 1点返して3点差。
7番リクは、サードゴロで1アウト。まだ2・3塁です。
ここで代打の切り札?ユウスケ。2球目、ピッチャーがまさかのボーク!
カズヤがホームインで2点差になりました。
ユウスケは、ファーボールで
9番、コウイチ。すかさず、盗塁を成功させて2・3塁。
見てる方は、ハラハラです。

ここでコウイチが今度こそとはと、
センター前へ2点タイムリー

まさかの6-6の同点です。

ここで当たってるリョウメイ。4球目をレフトへ!しかしレフトがナイスキャッチ!
2アウトで3塁。一打、サヨナラです。

山口塾のピッチャーの子も相当なプレッシャーのはず。
ピッチャーの子を持つ親としては、複雑な心境でした。
正直、心の中でピッチャーがんばれと囁いてました。

ここで2番リョウタ、3番キャプテンは連続ファーボールで満塁!
まさにがけっぷちの山口塾エース?背番号9番。
ゲンキーズは4番ノボル。両ベンチ必死の応援です。
初球、快音と共にレフト線へ大きく飛んでいったボールの行方は・・・・
惜しくもギリギリでファール。

2球目は暴投気味でしたが、キャッチャーがナイスキャッチ。
3球目、またもやファール。カウントは1ボール2ストライク・・・

そしてラストボールの4球目、
ピッチャー渾身のストレート!

ストラックアウト!空振り三振でした。

結局、6-6のドローゲームでしたが、最後まで分からない白熱したナイスゲームでした。

凄まじい戦いでした。が、相変わらずエラーでの失点が多いです。
しかし、ゲームの途中に話した二人の友達を気遣う会話は、この先の明るい未来の幕開け?
あきらめないで追いついてた点は、大いに評価できます(笑)

今日もまた良い経験を積んだ穣一朗。フラップスの大勢の保護者の方から
エールを頂いたみたいです(笑)
タウトパパは、「穣一朗タンコブTシャツ」が欲しいみたいですが(笑)

まだまだ、穣一朗の挑戦は、続きます(笑)

今週は、土曜日に城西グランドで練習試合の予定。あのタシマリーンズも参戦???
楽しみな週末になりそうです。


ホント、今日の試合と同じような事で穣一朗も苦しんでました。
けど、和也の一言で穣一朗は救われてました(^^♪
ミスにようとしてミスする選手は誰もいないんです。
だから、切り替えが大事なんですよね。
ま、そこが一番難しいんですけど。親としても指導者としても(^^♪

そしてこの試合ってある意味、穣一朗にとって運命の試合なんです。
この試合で泣きながら投げ抜いたピッチャーは、現在の穣一朗のライバルであり親友の樹なんですよね。
この試合を見て感動したジョウパパが樹のことをこの記事で書いて
夏休みに樹が堤まで遊びに来て始まった縁なんです。
それから家族ぐるみで付き合うようになり、甲子園も一緒に行ったし、広島へも遊びに行かしてもらったし(^^♪
今も同じチームで一歩先を行く樹を穣一朗は常に追いかけてます。
ホント、不思議な縁です(^^♪そんなことまで思い出してしまいました。

長々と話がそれましたが・・・

背番号3番君、頑張って欲しいですね(^^♪
まだ卒団するまで時間はあるし、ヤらなければならない事は一杯あるはず。
目標をしっかり持って夢に向かって頑張って欲しいです!
がんばれよ、背番号3番君!

そしてこの2日間、本当に充実した時間を過ごさせて頂いた湯町ライオンズの皆さん
ありがとうございました(^^♪

なんか、観に行くのがクセになりそうです。
やっぱ、頑張ってる子供の姿は素晴らしい・・・・o(^▽^)o

僕は大好きです!こんな道具の整理がね(^^♪

道具の整理



味わい深い泡の効いたお茶は最高でした!

泡の効いたお茶

新・青い小僧物語 - 2013.10.28 Mon

2013/10/28
秋晴れの週末、わたくしジョウパパは思う存分ソフトボールを満喫できました(^^♪

まずは土曜日。
先週に引き続き?午前中から筑紫野市へ(^^♪
そう、筑紫野の青い小僧軍団こと、湯町ライオンズさんの練習のお手伝いに二日市小学校へ行って来ました。
二つの小学校の子供たちが在籍の湯町ライオンズさん。この日はもうひとつの天拝小学校が学校行事だったそうで
午前中の練習は3名のみでの練習(^^♪
けれど元気いっぱい?のジョウパパにとっては「新・青い小僧たち」との練習は
楽しい充実した練習になりました(^^♪

3名のうち2人はエース君とキャッチャー君でしたのでアップやトスバッティングが終わった段階で
エース君の球を受けさせてもらいました(^^♪

手首の使い方が上手なエース君は真面目で研究熱心な感じ。
そこであるボールを使ってみる事にしたジョウパパ(^^♪
あるボールとは・・・・

3号ボール

そう、昔、(と言っても2年半前かな)穣一朗との練習で使っていた硬式3号ボール(^^♪

この3号ボールを使う練習の効果はズバリ、リストの強化と縫い目に対する意識を持たせる為です。
(もちろん、体が成長中の小学生ですから投げ過ぎには注意)

エース君も興味津々??嬉しそうにグローブ入れをやってました。が、
いざ投げてみてビックリ?? すっぽ抜けるし、思うように投げれない(^^♪
それでも上手く手首を使い指に縫い目をかけて投げてましたら
面白い回転でボールを投げてくるんです。
その時、ある事をジョウパパは思い出しました。
そう、穣一朗と夢中になって練習した伝説の魔球??ハブボールを(爆)
当時の記事→ハブボールの特訓

エース君はシュート回転というよりはジャイロに近い回転だったので2号ボールに持ち替えて
少しだけ要領を伝えて投げてみたら、

なんといきなりボールがホップした??

これには真横からみてた三隅監督もビックリ(爆)
それから成功、失敗を繰り返して投げてました(^^♪

湯町ライオンズ バッテリー

お昼からはなんとバッティングマシーンを使ってのフリーバッティング(^^♪
今まで使った事のないジョウパパとしては興味津々(^^♪
バッティングマシーン

もう20年近く使ってあるそうですが、メンテナンスをきちっとされてある(流石、監督が本職さんなので)
からバッチリと速い球が放出されて行きます。
ボールも普通の2号ボールを使うとツルツルになるので、大きさも重さも2号ボールと変わらない
特殊な?ボールを使われてありました。
実際にジョウパパも打ってみましたが、殆ど違いがわからない?
というより差し込まれて振り遅れてた?

バッティングマシーン2

そして15時半からは天拝小組が参加という事で天拝小近くのグランドに移動。
16時から続々とレギュラー組が参加しての練習が始まりました。

そこでジョウパパは、ずっとキャッチャー??

そう、エース君以外のピッチャー君たち3人の球を受ける事、1時間・・・・

見事に右手は腫れ上がった?(笑)

3人ともそれぞれの特徴があって楽しかったです。

日が暮れてボールが見えなくなるまで受け続けました。
手は痛いけど嬉しい痛みだったかな・・・・

という事で、ジョウパパの新・青い小僧物語は終わり???
ではなくて2日目に突入(^^♪

ドラフトを見て感じた事 - 2013.10.25 Fri

2013/10/25
今月10回目のブログ更新です(^^♪

二桁に突入したのは昨年の11月以来・・・(´Д`υ)))ポリポリ
8月なんか1回ですからね。
ただ、未だスポンサーサイトは登場しておらず
(1ヶ月更新しなかったら出てくる広告サイトです)
ま、何とかブロガーとしての威厳は保ってるかな??(笑)

でもどうしてこんなにも頻繁に更新できるのかって??
そう、実は来月1日から職場が変わるので有給休暇の消化中でして・・・
ま、ホントの話、これから赤い小僧により一層いろいろと掛かるので
転職先を探してましたら運良くナイスな会社が募集してまして
面接してもらったら即、採用(爆)
あ、仕事の内容は変わりません。
学歴無し、コネ無し、おまけに四十路に突入してますので首振りワッパ稼業です。
(要はトレーラーの運ちゃんには変わりないです)
資格と言ったら大型2種とけん引免許しかないしね。
そしてトレーラーじゃないと運転出来ない??
これね、マジな話ですが、トレーラー乗りになって7年目ですが
普通の10トン車とかのバックが出来ないんですよ。
頭では分かってるけど勝手に体が動いてハンドルを反対に回してしまうんです(笑)
乗用車やヘッドだけだと普通にバック出来るのに不思議です(^^♪
と、言う事で(何のこっちゃ??)来月より車中泊ばかりになるので今のうちにとばかり
連日更新。
前フリが長すぎましたが・・・(^^♪

昨日、初めて自宅でゆっくりとドラフト会議を見れました( ̄∀ ̄)
雨も降ってたし17時からの生中継を穣一朗と二人でワクワクしながら見ようと
思ってました。そして16時45分頃に穣一朗帰宅。

ジョウパパ・・・「もうすぐ始まるぜ、ドラフト会議が」

穣一朗・・・・・「ビデオ撮りよっちゃろ?俺、樹とランニングに行ってくるけん」

ジョウパパ・・・「雨、降りよろうもん」

穣一朗・・・・・「ウインドブレーカー着ていくけん大丈夫。」


と言い残して食パンを3枚とカップラーメンを食べてサッサと行ってしまいました・・・

なので一人寂しく?ドラフト会議をドキドキしながら視聴(^^♪

そして各球団の一位指名が終わりまして今度は19時から感動のドラフトドラマを視聴(^^♪

初っ端から涙ボロボロ??いい話ばかりでしたね。
そんな感じで少し?飲みながら観てましたら20時頃にジョウママが仕事から帰宅。
そして暫くして穣一朗も帰宅。
ちょうど福大の梅野選手のドラマが始まった頃で穣一朗と二人で観ながら
晩御飯が出来るのを待ってました。
最後のドラマの高校生のお母さんの生き様は凄かった・・・
よく子供は親の背中を見て育つと言いますが、まさにそれでしたね(^^♪
昨夜は美味しいお酒を味わいながら色々と考えることが出来ました。

色々と考えたら即実行のジョウパパ(^^♪
以前なら一緒に練習だのバッティングセンターに連れて行くだの
すぐにしてましたが、穣一朗も中学生。
嫌がられるだけです(爆)
なのでジョウパパ流のスイッチの入れ方を実行??

まずは本屋さんに行って色々と物色・・・する事1時間。
こんな本を見つけました(^^♪

篠塚の流し打ち本

ジョウパパに近い世代の方々にとっては上手い左打者といえば
篠塚選手ですね。
とにかく流し打ちが上手かった。
巧みなバットコントロールで右に左に打ち分ける姿は
当時、小学校5.6年生のジョウパパ少年にとってカッコいい存在でした。
後にイチロー選手が登場した時に思ったですね。
篠塚みたいなタイプの選手が出てきたなって(^^♪

この手の技術本って結構販売されてますが、イマイチ買ってまで読もうと
思った事がなかったんですよね。ま、どれも似たりよったりで・・・
しかしこの本はちょっと違います。
本当に左バッターの流し打ちについて詳しく書いてあるんです。
これは親としての直感なんですが、これは穣一朗のバイブルになるかも?
お世辞抜きに穣一朗みたいなタイプの中学生にもってこいみたいな
本当に分かりやすく説明してあるんですね。
アウトコースの流し打ちはもちろん、インコースの流し打ちについてまで(^^♪

この間も書きましたが僕は野球経験はありません。観るのは大好きでしたけど(^^♪
なので中学生の息子に対して「こうしなさい」とか「こう打ちなさい」「こう取りなさい」
とかは言えないし、言いたくないんです。
野球に関しては穣一朗がお世話になってるダンカーズの監督・コーチに全て
お願いしてるつもりです。

ただね、昨日のドラマを観たから言う訳じゃないけど・・・

ここ半年間は、昨年の色んな事を反省してなるべく関わらないようにしてました。
練習や試合を殆ど見に行ったことはなかったし、それが穣一朗の為にも
自分の為にも良いんだと。
けどね、最近、色々あって思ったんです。

俺の基本は穣一朗と一緒にやることだなって・・・・
やっぱり親子での二人三脚だなって・・・

だから一緒に練習したり試合を見たりしなくても親として手助けをする方法を見つけていこうって(^^♪
(もちろん、行ける時は見に行きますが)
多分、そういった事が後で穣一朗の為になるだろうし、昨年度、苦しい想いや楽しい想いをした事
そういう事で知り得た技術や考え方、経験談。そして今現在、覚えてる事や様々な知恵を
僕が伝えられなくても、可愛がってる後輩に伝えていってくれるだろうなって・・・・
僕が静かに見守ってれば、ちゃんと穣一朗が代わりに伝えてくれるだろうって・・・・

また難しい話をしてしまいました(´Д`υ)))ポリポリ

そうそう、こんな本もあったので購入(^^♪
これはマニアには堪らないかも。

グローブ本

内容はすごいです。スタルヒンとかの時代から長島・王の時代、辻や東尾の西武黄金期や
イチローがオリックス時代、そして現在と360個のグローブの写真が満載(^^♪
グローブ本3

グローブ本2

グローブ本1

おまけに憧れの岡田選手のインタビューや穣一朗の使ってる長野選手のグローブまであります。

岡田の記事

グローブ本と長野モデル

なんかベースボールマガジンの回し者?みたいですが(笑)

こうやって前向きに考えて?充電してるジョウパパです。

あ、先程帰宅した穣一朗は机の本を見て

穣一朗・・・・「後で帰ってきてから読むけん。」

ジョウパパ・・「どっか行くとや?」

穣一朗・・・・「うん。ダンカーズ練習は中止やけん。
        樹とホクタ(ホークスタウン)まで走ってくるけん」


今日もサッサとジョウパパから500円をもらって行ってしまいました(´Д`υ)))ポリポリ

穣一朗の憧れ? - 2013.10.23 Wed

2013/10/23
雨降ってますね・・・台風も近づいてるし・・・
週末の天気はどうかな??
わたくしジョウパパは11月より仕事が忙しくなるので、今週末までソフトボールを満喫??(^^♪

さて、本日は2013ドラフト会議(^^♪
今年の注目は、高校生は、やはり大阪桐蔭の森君と桐光学園の松井君ですね。
大学生は九共大の大瀬良君に福大の梅野君
社会人はJR東日本の吉田投手かな(^^♪

毎年、ドラフト会議のあとにある涙チョチョギレてしまうドラマが楽しみなジョウパパですが(笑)
そんなドラフト会議の中で育成枠ってありますよね。
背番号3桁で支配下登録されない年俸も最低保証で240万って厳しいプロ野球選手枠が。
あの育成枠から這い上がるってホントにすごいなって最近よく思います。

その育成枠出身で今、穣一朗とジョウパパが夢中になって応援してる選手がこの選手(^^♪

岡田132

okada.jpg

そう、3年連続のゴールデングラブ賞間違いないでしょう、千葉ロッテの岡田幸文外野手(^^♪

岡田選手は2008年のドラフト育成枠6位指名で契約金無しの年俸240万・・・・
当時、ガス会社に勤めていて子供も二人いた状況での指名でした。
そんな中で公務員である奥さんの大反対を2年間で結果が出なければ諦めるからという約束で
プロ野球の世界に単身赴任で入ってます。
奥さんは挨拶に来たロッテのスカウトがお土産として
子供たちに渡したコアラのマーチを見ながら
そんなモノで騙されないぞって思ったそうです。
なので家族を栃木に残して千葉へ単身での入団。
まさに後がないドン底からのスタート・・・・

そんな彼が世間の注目を一気に集めたのが2011年6月15日のジャイアンツ戦(^^♪
驚異の守備範囲は日本中の度肝を抜きました。



バッティングが凄い訳でもない彼が育成枠から這い上がってきた理由は
外野手としては、絶対に負けないという精神から生まれるスーパープレイ??
じゃない??
ここからが久しぶりにジョウパパのウンチク(爆)

一見、ダイビングキャッチやスライディングキャッチばかり取り上げられますが
岡田選手の凄いところは、普通の外野手ならギリギリで取るようなフライを
平然と追いついて普通に取ってるんですよ(^^♪

その理由はスタートの早さもそうなんですが、彼の外野手としての心構えにあるようです。

そんな言葉が岡田選手のブログにこう書いてありました。


岡田選手のブログより・・・

外野手にとって、ファインプレーでヒットをアウトにする事もひとつの醍醐味ではありますが、
ヒットを打たれても無駄な進塁を許さない事こそが、
いい外野手のひとつの能力であると僕は考えています。


ヒットを打たれても、出来る事を全力でやる。


そのプレーでアウトが生まれなくても、ランナーの進塁を防ぐことができれば、
失点のピンチを防ぐ事が出来ます。


外野手は試合を助けるプレーも、試合を壊してしまうミスも隣り合わせです。


待って捕ればエラーすることはないですが、ランナーの進塁を許してしまいます。


エラーをしないという事はもちろん大事ですが、僕はプロの外野手として試合に出ている以上、
試合を助けるプレーをしたいと思っています。


そのためには練習の時からミスを恐れずに全力でプレーできるかにかかっています。


今外野手を頑張っている子どもたちも、せっかくなら試合を助けるプレーが出来るよう
練習から積極的に頑張ってみてください。


野球はミスがあるスポーツなので、積極的にプレーをしてミスをしてしまう事もあると思いますが、
恐る必要はありません!


そのミスはいい外野手と隣り合わせのプレーなので、
もっともっと練習してうまくなればいいんです!


僕も皆さんに球界No.1センターは岡田だと言ってもらえるように
もっともっと練習して、上手くなります!


この言葉は少年野球・ソフトボールで外野を頑張ってる子供たちに是非、読んで欲しいです(^^♪
穣一朗も興味津々でこの記事を読んでました(^^♪

最近は色んな少年ソフトボールチームの試合を客観的に見させてもらってますが
ソフトボールのセンターってホント大事なんですよね。
動きがいいなって思うセンターは、予測して動いてますし捕球した後も
次のプレーに対してが的確で早いんですよね。
なのでピッチャーが打たれても素早い動きで打球に追いついてホームランにならなかったり
最小失点で止めたりと目立たないけどチームのピンチを救ってます。
カバープレーにしても同じですね。
送球が逸れてボールデッドにすれば更にピンチになる、進塁を防いで得点に近づけさせない
為にも動きの速いカバーは大事ですね。

岡田選手の特集記事に彼のこんな言葉が書いてありました。

「センターから捕手のサイン、ピッチャーの投げた球種、そしてコース、配球、これを見ているんです。
そうすることによって一歩目がまず変わってきます。外野手はこの一歩目が大事なんです。
これを見ることによって、自分はある程度、打球の予測がついてきます。
これは言葉にするのが本当に難しいですね」


まさに守備職人!

160キロ投げる豪腕投手や60本ホームラン打つパワーヒッター
そして絶対に負けない東北の大エースも凄いけど
ジョウパパ的にはこんな苦労して這い上がってきて尚且、これだけは負けないって
素晴らしい技術を子供たちに見せて教えてくれる選手が出てきた事がすごく嬉しいです(^^♪

ラララ・・・ 熱くハートを燃やせ(岡田!)
  鋭く振りぬけ 守備も見せてくれ さぁ走り出せ岡田!

心の中の宝物 - 2013.10.22 Tue

2013/10/22
最近、何かと注目されてるこのブログ??
色んな場所で物議を醸してるみたいですが、そんな事は関係ない?
僕は穣一朗との触れ合いを記録として綴っていくだけです(^^♪

ま、冒頭から気難しい事を言いましたが、ここからは明るい話題で?

日曜日、朝から穣一朗と二人で出かけました。(ダンカーズは午前中休みを頂ました)
場所は筑紫野市の筑紫東小学校。
そこでは湯町ライオンズさん主催?の8チーム参加の練習試合が行われてました。

湯町ライオンズ三隅監督とは半年前に突然青いチームHPへ練習試合のお誘いがありまして
それから練習試合や筑紫野市長杯へお誘い頂いて現在もFBでもお付き合いさせてもらってる
間柄です。
このブログを随分前から読んで頂いてるようで筑紫野ナンバーワンの穣一朗ファン(爆)
(そういえば、穣一朗応援団長のけんちゃんは元気してるかな?)
夏休みには穣一朗や他の小学生たちと自主練習してるところへわざわざ来てくださった事も
あります(^^♪

現在、フリーの立場のジョウパパでありますから行動は自由(^^♪
なので穣一朗を連れて日頃からの感謝を込めて?審判をさせて頂くために筑紫東小学校へ参上しました(^^♪

筑紫野練習試合

この日の参加チームは強豪チームが勢ぞろい(^^♪
ホストチームの湯町ライオンズさん
筑紫野リーグの秋リーグ現在首位の吉木オリオールズさん
同じく筑紫野リーグ現在2位のシャークスさん
春日リーグからは秋リーグ覇者の千歳ビクトリーズさん 
同じく春日リーグ所属で西日本県大会覇者の春日野ライオンズさん
志免リーグの下月隈ジャガーズさんと亀山リトルファイターズさん
大野城リーグの大野ジュニアソフトさん
の計8チーム。

ジョウパパと穣一朗が到着したのが8時45分。試合開始は9時15分スタート。
湯町の三隅監督と挨拶を済ませて頂いた予定表に目を通してましたら

「お久しぶりです」と声をかけられた黒い帽子の方がいらっしゃいまして。

なんと千歳ビクトリーズの監督さんでした。

昨年、穣一朗がタシマリーンズに所属していた時に一度だけ練習試合で対戦して
声を掛けていただいた覚えがありました。
更に当時、監督さんが綴られてたブログで僕ら親子について述べていただき
嬉しいやら恥ずかしいやら・・・という思い出があります。

穣一朗にも
「頑張りよるね?」と声を掛けていただき、穣も照れながら答えてました(^^♪

そんなやり取りの後、早速、審判をすることになりまして・・・
三隅監督からは、どの試合でも良いですよと言われて目にとまったのが

筑紫野リーグ現在首位・吉木オリオールズさんと春日リーグ覇者・千歳ビクトリーズさん

なので恥ずかしながら?このビッグマッチの球審を務めさせて頂ました(^^♪
それも穣一朗が三塁塁審という親子共演のおまけ付き(爆)

試合内容は素晴らしいものでした。
両投手ともコントロールは抜群。
セオリー通りにコーナーをついてきてボール一個分の出し入れ?
もう本当に膝頭スレスレのアウトローをクロスで狙ってきますから
全神経を研ぎ澄まして?ジャッジしてました(^^♪

ちょっと緊張しすぎて?ミスジャッジがあったかも・・・(すみませんm(__)m)

両チームとも素晴らしかったのですが特にジョウパパの目を引いたのが
千歳さんの女の子キャッチャー(^^♪
もう、リードは完璧でした。自ら考えてピッチャーのいい部分を引き出してる姿は
大人顔負け・・・

試合後に穣一朗も一言。

「あの女の子すごいやん!見逃し三振とった内角の球は完全に裏を掻いてたやん!」

本当に素晴らしいゲームを見させてもらい感無量でした(^^♪

試合後には再び千歳の監督さんからは声を掛けていただき
穣一朗には「応援してるから頑張れよ」と本当に暖かい言葉を頂ました(^^♪

2試合目は二人で春日野ライオンズさんとシャークスさんの試合を観戦。

過去にどちらのチームとも対戦経験のある穣一朗。
そしてよく覚えてるんですよね。この子は前はサードやったとか、ピッチャーは
速くなってるとか、この子はバントがうまかったとか・・・
この観察力や洞察力は穣一朗のこれからの武器になるかも??

試合後には、湯町さんの三隅監督、31番さんからも激励を受けた穣一朗。
ズボンを脱いでご覧とまで言われてた?(爆)
太ももの張り具合、ふくらはぎの状態を見て触って楽しそうに微笑まれてる姿は
親としてブロガーとして嬉しい限りでした(^^♪
このあと、挨拶を済ませて移動。
移動先は・・・・

箱崎中央公園(^^♪

そこではピンクの魔術師が待っている??(爆)

実はこの日、ダンカーズは箱崎公園球場でリーグ戦と練習試合でして。
そして球場横のグランドではフレンドシップ秋季リーグの天王山が行われるという事でして。
バタバタとカツ丼で有名なうどん屋さんで昼食を済ませて、いざ決戦の場へ。
穣一朗はバタバタと着替えて赤い小僧に変身(^^♪

カツ丼

ジョウパパが決戦の場に到着してすぐにプレイボールでした。
いつもはネット裏からとか観戦するのですが、このグランドはバックスクリーン付近が
階段になってるので(公園のグランドなので)
ピッチャーの配球やピンクの魔術師の采配も一目瞭然??

清道決勝戦

素晴らしい秋の青空の下で大人も子供も本気で頑張ってる姿は青い空に負けないくらい
素晴らしかったです。
あくまでも部外者ですし、細かい感想をここで書くのは適切ではないから控えます。
ただ一つだけお伝えしたい事が・・・・

ジョウパパの横で試合が終わった別のチームの子供たちがお弁当を食べながら
この天王山決戦を観戦してました。
試合途中、七隈さんの良い当たりを清道さんのセンター君がナイスキャッチしました。
そのプレーを見てお弁当食べてる子供たちは、素直にそのプレーの素晴らしさを声を出して
話してました。そしてその直後に、

「センター君、頑張れよ」って声をかけてました。

もちろん試合中です。本当は声をかけたりは控えるべきかもしれません。
けれど、その声にセンター君はチラッと後ろを振り返り
満面の笑顔で「ニコッ(#^.^#)」と答えてたんですね。

僕はその瞬間、清道さんの強さを感じた気がしました。
正直、あの負けられない、ミスが許されない事実上の決勝戦の中であの笑顔が出るというのは
緊張しながらでも試合を楽しんでる、ソフトボールを通じて大人が伝えようとしてる一番大事な部分が
選手に伝わってる気がしました。

そして声をかけたお弁当組もいいプレーに対して素直に相手を称えるという
リスペクトの精神がしっかりと備わってると
見ていて嬉しく思いました。
やはりフレンドシップの強さや素晴らしさは、こういった部分なのかも・・・・

そして清道さんが優勝を決められたすぐ隣でダンカーズの練習試合が始まってましたので
直ぐ様、移動(^^♪
穣一朗はレフトで出場してました。

穣一朗レフト

穣一朗レフト02

すっかり外野手になっていた穣一朗(^^♪
そこそこ難しいフライでも落下点に素早く入ってました(^^♪

そんな中、見覚えのある方がダンカーズの試合を観戦されてました。
その方は・・・

清道クラブジュニアの監督さん。

昨年、穣一朗と二人で那珂小学校に練習見学を行った際と
夏の福岡小学生選手権での釜蓋戦の後と2度ほどお話をさせて頂いてました。
特に釜蓋戦の直後には、穣一朗に直接、「よく頑張って投げてたね」と声をかけてくださいました。
なので僕の方から声をかけましたらありがたい事に覚えてくれてありました。
そして聞いたら観戦してる練習試合のダンカーズ対戦相手には清道さんの出身者が在籍してるとの事で。
いやはや、偶然とは恐ろしいものです(^^♪

36年間もの長い間、多くの子供たちを見てきてある監督さんが穣一朗の事を覚えていてくださり
戻られる際にも

「息子くんに頑張るように伝えてください」とのありがたい言葉・・・・

親として本当に感謝でした。帰宅後、穣一朗にその事を話したら嬉しそうにニヤリッ( ̄∀ ̄)


この日、偶然なのか?多くの監督・コーチの方々から穣一朗は「がんばれよ」
声を掛けて頂ました。
ブログ上でしか知らない方々ばかりなのに・・・

最近、よく思うんです。ブログって難しいなって。
言葉って難しいなって。

そんな想いをしてる中での今回のような出来事は本当に僕ら親子にとっては

心の中の宝物  です。

ブログを通じて繋がった縁でこれまで様々な体験をさせてもらいました。
良かったことも悪かったこともあります。
誤解されたり誹謗中傷されたりもありました。

けれど、こうやって全く知らない、会ったことない方でも穣一朗の事を応援してくれてる。
こんなに嬉しい事は親としてブロガーとしてありません。
僕はこれからも穣一朗や応援したい子供たちの為に綴っていくと思います。


僕は無所属?ですが、これからも様々な形で頑張る子供たちを応援していきます。

夢に向かって頑張る子供たちが心の中に宝物を持てる為に・・・(^^♪





成長期 - 2013.10.15 Tue

2013/10/15
なんか最近は真面目で暗い話ばかり書いてきたから
ここらで本来のこのブログの主役である赤い小僧こと、穣一朗の近況について(^^♪

ま、近況といっても別に変わりなく?毎日のように朝は階段ダッシュ、夕方からは
ダンカーズの練習と勉強以外は一生懸命な毎日を過ごしてます。

しかしそんな穣一朗にも少しずつ変化が??

まずは中学生として意識(^^♪

先日ですが

「お父さん、俺、塾に行きたいっちゃけど」

野球の知識以外はまるでダメ?な穣一朗ですが、やっと何かに気づいたようです(^^♪

「いいけど、遊び感覚なら行かんほうがいいぜ」

別に何処に行けとも言ってませんが、自分で探してくると言ってたので暫く様子待ちかな(^^♪

それともう一つ変化が・・・・
それは、体格(^^♪

3月の終わりが誕生日の穣一朗ですが、やっと成長期に突入??
身長が伸び始めてるようです。
昨年の今頃に買ったアディダスのシャカパン?は寸足らずになってきてる(爆)
晩御飯ももちろん食べますが、寝る前に必ずラーメンを食べます。
そして次の日の朝5時には起きて長尾までランニング更に階段ダッシュ(^^♪
再びランニングして帰宅して朝ごはん食べて学校へ・・・

気のせいなのか、身長が伸びてるのよりも身体がでかくなってきてる??

なんの根拠もないのですが、もしかしたら階段ダッシュが成長期に突入した
穣一朗の体に良い効果をもたらしてるのかな??

夢の鹿児島実業高へ一直線の穣一朗??

大好きな野球を大好きな仲間たちと一緒に満喫してる1年生の秋です(^^♪

穣一朗 10月


穣一朗 10月バッティング

ブログ再開 - 2013.10.15 Tue

2013/10/14
先週の月曜日よりいろいろありましたが、ブログを再開します。

その前に少し説明かな・・・

わたくしジョウパパは青い小僧達のチームを辞めました。

理由はある事で保護者会とトラブル?になり、その責任をとったという事です。

ただここで一つハッキリ書きたい事がありまして。

僕はコーチを「させてもらってる」という考えはなかったです。
コーチを「やってあげてる」もないです。

僕は子供たちと一緒にソフトボールがしたかっただけでした。

穣一朗がソフトボールを始めたのが3年生の春。
それから上手くなりたい、ホームランを打ちたい、ウインドミルをマスターしたい
という穣一朗の願いを叶えるべく、野球経験もない、知識も殆どない状態から
穣一朗と一緒に勉強して教えていきました。
そんな日々の中で殴った事もあれば、出来ない罰として公園の外周を日が暮れるまで
走らせた事もあります。
周りからも恐い熱血お父さんと思われてたと思います。
穣一朗も必死だったんでしょうね。練習の成果は、はっきり出てある程度の選手になって
ソフトボールを卒業できました。

何度かこのブログでも書いた事がありますが、僕は野球部出身でもないし、今も早朝ソフトもしてないし
ウインドミルも投げれません。ノックも下手だし、投げるのも多分、ぎこちない・・・・
普通で考えればコーチなんて出来るはずのないキャリアなんです。

しかし一つだけ周りの人と違う点があるかな・・・
それは、とことん拘るという事です。
穣一朗のウインドミルに関しては、投げれなくても教えれる事を目指しました。
ありとあらゆるビデオや書籍を読んでそれを分析して伝えることに徹しました。
強豪チームのすごいピッチャーがいれば穣一朗と二人でビデオカメラ片手に遠くは
北九州まで見に行きました。
経験がない、自分が出来ないからこそ、穣一朗にはそれを生で見せて子供なりに
考えさせて技術や精神力を身につけてもたいたいと考えました。
おかげで共感していただいた方々が穣一朗を可愛がって下さり、
今、頑張ってる軟式野球の基礎になってると思います。

そんな親子の活動で学んだ事や知り得た事、
そして親子でソフトボールを上手くなろうとする事の素晴らしさを伝えたいが為に
青いユニフォームに袖を通しました。
なので青いユニフォームを来てからもとことんこだわり続けました。
仕事を休んででも駆けつけました。
しかし表現を間違えたのかもしれません。伝えたい事が伝わらなかった。
親子で(ママたちも含めてです)ソフトボールを上手くなろうとする事の素晴らしさを
伝えたかったのですが、僕の想いは伝わらなかった様です。
よく少年野球やソフトの監督・コーチはボランティアですという話を聞きます。
では、ボランティアとは??
今から4年ほど前にこのボランティアについて調べたことがあります。
ボランティアの語源はラテン語で「voluntu」voluntusの意味は、
「自由思想、自らすすんでやること」だそうです。

一般的に「自発的な意思により、人や社会に貢献すること」をボランティアとよんでますが
語源からすると少し違う。
そして更にその語源を辿れば、志願兵のことを指す言葉が「voluntu」らしい・・・

話を戻しますが、僕も監督・コーチはボランテイアと思ってます。
それも志願兵なボランティアです。
だから仕事と思ってコーチとしての活動をしてきました。
仕事だからこそ、真剣でした。真剣だからこそ、熱くなったかもです・・・
この点は大いに反省してこれからの人生に役立てようと思ってます。

そしてもう一つ。
この間、書いた指導法にしても理解してもらえなかったかも??
先日書いたように、子供を服従させて教える指導法は時代錯誤です。
ましてや負けたからとか、選手が失敗したからといって
椅子を蹴飛ばしたり自転車を破壊したりなんていうのは指導者として
あるまじき行為です。
そんな事でアピールしても何の意味もありません。
そんな指導者を選ぶのも選手には必要な時代になってる様な気がします。
選手は指導者を道具として使えば良いという考えです。
選手はその道具を使って良いプレーをする。道具である指導者は自分を使ってもらい
良いプレーが生まれる。
結果、チームが勝利して皆で喜びを分かち合える。

普通、選手は良い道具を選んで使いますよね。破れたグローブやグリップテープが
外れかけてるバットは使いません。
良い道具として選んでもらえるように指導者も指導法や考え方を手入れをする様に
磨いとかなければ使ってもらえません。

と、偉そうな事を言ってますが
僕も怒鳴り散らすコーチをしてました。
根性論丸出しで気合を入れさえすれば上手くなると
勘違いも甚だしい考え方を持ってました。
多分、それは自分が目立ちたいだけだったと思います。
いや、心のどこかで、俺はこれだけ真剣に熱くやっているんだ!と
周りに対してアピールしたかったんだと思います。

それがある日、怒鳴るのを辞めました。怒るのも辞めました。
まわりからは甘くなったと言われましたが、僕は僕なりに最大限、考えて
指導法を変えました。
少年ソフトボールの主役は子供たち、決して指導者ではない。
選手は将棋の駒ではなくて、一人一人個性のある
ソフトボールが大好きな子供たちなんです(^^♪

僕はこれから先も少年ソフトボールを見ていこうと思ってます。
雁の巣なんかの大会に行って素晴らしいピッチャーや素晴らしいチームを
見ているとワクワクするんです。
そんな時に色んな事を考えます。このピッチャーはどんな練習をしてるのかな?
このチームはなんでこんなに動きがいいのかな?
0-0の投手戦の中でお互いの意地と意地がぶつかり合う姿は
小学生でも本当に素晴らしいです。
練習に練習を重ねて来てるからこそ、できる素晴らしい内容の試合は見ていて
鳥肌が立ちます。

いろいろ書きましたが、僕の中では素晴らしい指導者が目標ではないんです。
僕の目標は少年ソフトボールってこんなに素晴らしいんだよって事を伝えたいだけです。
今、いろいろ考えてます。僕は決して立ち止まりません。

少年ソフトボールに関わって5年目の超若輩者ですが、これからも色んな形で子供たちと
一緒に喜び、哀しみ、楽しみ(喜哀楽)をモットーに学んで行こうと思います。


戦力外通告のビデオを見て思った事 - 2013.10.10 Thu

2013/10/10
夕べ、勇気をもらえるコメントを頂いたから書く訳ではないのですが・・・・

わたくしジョウパパは今回の試練を乗り越える為に
ちょうど今日で半年かな・・・続けてきてたある事をやめました。
メチャクチャ勇気のいる事で正直、気が狂いそうなくらい悩みましたが
自らを戒める為に我慢して堪えてやめました(;_;)
その想いは必ず分かる人には分かってもらえるはず・・・

そんな最中、久しぶりに早く帰宅できて帰りの遅いジョウママを待ってる間に
2012戦力外通告という番組のビデオを見てました。
小さい頃から夢見てきたプロ野球選手になっても活躍できて輝き続けていける選手は
ひと握り・・・
昨年度も200人を超えるプロ野球選手が戦力外通告を受けてます。
そんな彼らの残された人生は・・・・
大変ですよね。球界に何らかの形で残れるなんて、ごくわずかですよ~(´;ω;`)
殆どの選手が一般の方々と同じようにハローワークに通ったりして新たな道を模索してるはず。
光と影じゃないけれど、ほんと厳しい世界と思います。

あんまし大きな声でいえないけど、どなたさんは戦力外通告組???
続けてきた事を、志ざしなかばで辞めるのは忍びないですよね。
グジグジ言っていても何の進歩もないのですから。

だから僕は前を向く事にしました(^^♪

まずは自らの環境に変化を付けるべく??

来月からこんな車に乗るかも??(爆)

ボルボのコピー

もう一度奮起してどんどん新しい事にチャレンジするつもりです(-^〇^-)

そんな最中、ウインドミル投法研究家のジョウパパは参考になる動画を発見(^^♪

観て、聞いて、試して??ほしいです。

僕はどんな事があってもウインドミルに関しては手を抜くつもりはないですからね(^^♪

戦力外組??でもやる事は山程ありますからね(^^♪

試練 - 2013.10.09 Wed

2013/10/9
このブログを綴り始めてもうすぐ3年・・・
いっぱい色々あったけど、なんとか乗り越えて続けてこれました。

何度も辞めようと思ったし、その度に励ましてもらい綴ってこれました。

しかし本日、初めてブログ本体にパスワードを導入しました。

もう、誰にも読まれたくなくなったんです。

ここ最近、言いたい事を書いてきました。

賛否両論を覚悟で・・・・

賛同してもらえたコメントも多数、頂ました。

しかし、賛同しない方々の意見は、僕への進退問題にまでジャンプアップ??

訳のわからない波に飲み込まれてしまった?
なので現時点で僕の去就は???の状態です・・・

そんな最中、僕の事を応援してくれてる方々が立ち上がってくれました。
今、とてつもない大きな岩を動かそうとしてくれてあります。
正直、心境は複雑・・・ 
僕の事で大きな波に飲み込まれるかもしれないから・・・・

なので相当、悩んでます。 心強いけど、悩んでます。

どうしようもない、馬鹿な男の為に頑張ってくれてる・・・・

泣きたくても泣けないくらい心境は複雑ですが
僕に対する

試練 だと思い、耐えて耐えて耐えて・・・・ 何時の日か、恩返し出来る様に

頑張ろうと思ってます。

そして必ずこの恩に報えたいと思ってます。

話は変わりますが、今日の15時過ぎに仕事中の僕に穣一朗から電話がありました。

「ダンカーズが急遽、練習休みになったしお父さんもお母さんも
 帰りが遅いみたいだから、俺、走りに行ってくるからよかろ?」

息子は色んな事を聞いて知っていても、自らの目標はブレてないです。

俺は何をしてるんだろう・・・・

愚痴ってばかりで何してるんだろう・・・・

前を向いて頑張れって子供たちに伝えてきた自分自身は何をしてるんだろう・・・・

やります! 

もう一度、自分が目指した理想郷を求めて・・・・(^^♪

迷ったときは

本日二回目?? - 2013.10.05 Sat

2013/10/5
滅多にありえない?一日二回目のブログ更新(-^〇^-)

その理由は・・・・

明日は青い小僧たちの小学校の運動会だから(^^♪

実はジョウパパはコソっと?今日延期になった市民総合ソフトボール大会の
対戦相手チームを偵察に行く予定でしたが・・・・

3ヶ月前から穣一朗と共に階段ダッシュを頑張ってきた一夢に先程、電話して
明日は偵察に行くから運動会は見たかったけど見れないって伝えましたら・・・・

「え~~~~~・・・・・・(;_;)」

と言われちゃいまして (;´д`)トホホ…

けれど正直、嬉しかったですね(^^♪

だから偵察は午前中?午後からの5年生の徒競走には間に合うように駆けつけます(^^♪

青い小僧たちよ・・・ それぞれの想いを胸に頑張れ!!

ジョウパパは君達の頑張ってる姿をコッソリ?覗きに行くかもね(爆)

カリスマ - 2013.10.05 Sat

2013/10/5
何故だかわからないけど、午前3時に目が覚めました(;´д`)トホホ…

目覚ましは5時にセットしてるのに何故だろう・・・

眠くないのでパソコンでなんとなくネットサーフィンしてたら
こんな動画に遭遇(-^〇^-)




久しぶりに見た僕にとってのカリスマは未だ現役続行中・・・・
昨年の夏、偶然出会えた時と同じ上半身裸で帽子を被っての
ロードワーク姿。あの時の興奮が蘇り、動画を見て涙が出ました。
凄すぎやね、このオヤジは。

子供は親の背中を見て育つと言いますが、まさにそれですね。
30キロ以上も減量してオヤジと同じ土俵で勝負していくとは
よっぽどの根性がないと・・・・

現在のバンダム級の世界チャンピオンは3人

WBCバンタム級王者・山中慎介(帝拳) 2013年8月12日・V4達成

WBOバンタム級王者・亀田和毅(亀田) 2013年8月1日・王座獲得

WBAバンタム級王者・亀田興毅(亀田) 2013年7月23日・V7達成

亀田兄弟に浪速のジョーの息子が挑戦! なんてスポーツ紙の見出しが出るのも
そんなに遠い将来ではないかも??
なんて考えてましたらフッと思い出した様に再び動画検索・・・
昨晩、歌いたくて歌えなかった??このカリスマの歌を家路につく油山観光道路で熱唱??(爆)
(何のこっちゃ(^^♪)




僕にとっての二人のカリスマとその息子たちからエネルギーをもらって
本日は雁の巣RCで市民総合のソフトボール大会です。
が、現在、外は土砂降りの雨・・・・
久しぶりに雁の巣で待機になるだろうな・・・・

試練は人を磨く - 2013.10.04 Fri

2013/10/4
先日ですが楽しみにしてたこの講演を拝聴してきました(^^♪

桑田チケット

実はジョウパパはジャイアンツファン??
て、言うかジョウパパが子供の頃はテレビでジャイアンツ戦しか放送してなかったし
親父もお袋も大の長嶋信者(^^♪
なので自然とジャイアンツファンでした。
ゴジラ松井がメジャーに行ってからは自然とソフトバンクへ・・・

そんな若かりし頃のジョウパパが今でも忘れられない名シーンがコレです(^^♪
桑田真澄

1997年4月6日のヤクルト戦。
2年前にダイビングキャッチで右ひじ内側側服副じん帯を断裂し肘にメスを入れてまで
復活してきた桑田投手。
静かにマウンドへ行き、誰も触れてないピッチャープレートに膝まづいて右手をつけながら

「ただいま。また僕にとっての聖地であるマウンドに戻ってくることができました。
これからもよろしくお願いします。」

とつぶやいた・・・・

2年ぶりの先発マウンドで行った儀式は当時のジョウパパ青年の心に焼きついてました。

そんな憧れのエースナンバー18番の講演会(^^♪
会場は2000人の超満員。一緒に行った一夢パパと混み合う中、人ごみを掻き分け?

桑田真澄講演会

なんとか良い席をGET( ̄∀ ̄)

約2時間の間、本当に素晴らしいお話が聞けました。
ここで本当は全部をお伝えしたいのですが、今回は特に印象に残った部分だけをお伝えします。

写真撮影や動画撮影も禁止でしたので桑田さんの写ってるデータはないのですが
やはりそんなに大きな人ではなかったですね。
身長も170ちょっとかな・・・
しかし甲子園の名門PL学園で優勝、そしてあの騒動の中でドラ1でジャイアンツに入団して
エース番号である18番を背負い、最後はメジャーリーガーまで
上り詰めた姿はまさに小さな巨人でした(^^♪
そんな桑田さんが長い野球人生で3回挫折したと言われました。

最初の挫折は小学校1年生の時・・・・。 
4月1日生まれの桑田さん
なので早生まれ扱いの一番最後の日が誕生日。 
だからクラスメートの誰よりも体が小さくて勉強ができなかったそうです。テストは0点ばかり。
周りからアホ扱いだったそうです。
でも野球だけは得意だったらしく。小3で少年野球に入りたいと親に伝えて
チームのセレクション?をうけたら見事合格(^^♪
そしていきなりAチーム(1軍 6年生、Bチームは5年生、Cチームは4年生以下)。
ところが監督が仕事でいないときに6年生から壮絶ないじめを受け野球チームをやめてしまったそうで・・・

「みなさんにお伝えできないようなイジメを受けました。」

「勉強はダメ。野球も辞めてしまう。グレましたね。」

中学に入り、母から「目標を決めなさい。」と言われて決めた目標が

「PLに入り、甲子園に行き、卒業後は早稲田大学に入り、そのあとプロ野球に入りたい。」

母からは

「あんた、アホちゃうか?」

しかしここからが本当に凄いんですね。

桑田さんは小学校6年間勉強がダメ、中学に入るとますます授業の内容がチンプンカンプン??なので
さまざまなクラスメートや先生ににわからないところを聞いてまわったそうです。いきなり100点を狙うのでなくて最初は10点、次は20点アップ、そしたら学年で一番最下位だった順位がテストを重ねるごとに
10人、20人とごぼう抜き(爆)
これで努力する楽しみを覚えたそうです。


2度目の挫折はPL学園に入学して清原選手と初めてであった時(^^♪
中学では負け知らずだった桑田さん。自信満々でした。
そしてPL学園にスポーツ特待生で入ることになったときに
PL学園から「清原君という、とんでもなく凄い子がいるから会ってみてよ。」と言われ清原選手を紹介されます。

初めて清原選手と会ったらビックリ仰天(゚o゚;;
桑田さんの頭が清原選手のベルトの位置・・・
同級生でこんなに大きい人は見たことも無かったと・・・
けど体がでかい分、どんくさいちゃうかって思っていたら
10本中8本がフェンスを遥かに高く超えるホームラン・・・
グォ~~ン!!という聞いたことも無い打球音。
そして当時ピッチャーをやっていた清原選手から投げ出される球も、もの凄い剛速球・・・
正直、かなわないと思ったそうです(;_;)

PLに入ると体格もデカくて強者どもばかりで全然成績が出ずにピッチャーもおろされ、
自信もなくしてしまったらしく、
ある日、お母さんに電話して頼んだそうです。
「俺 もう辞めたい。連れて帰ってくれ」と。
しかしお母さんは
「あんたが今からご飯を10杯食べてもそんな大きくはなれない。
あんたはあんたらしく頑張ればいい。決して諦めてはだめ。最後までやりとげなさい!」

「あきらめてはダメ」という言葉が桑田さんの心に強く響いて踏みとどまりました(^^♪

といった感じで桑田さんは面白おかしく?話されていくんですね。
もっと口下手なのかな?って思ってましたが本当に話し上手でしたね。

で、この話を夕べ、穣一朗にしましたら何時になく真剣な顔をして聞いてました(-^〇^-)

そしてこのあと、桑田さんは寮に戻って何をした思う?って聞いたら穣一朗は

「そうじ・・・?」

ジョウパパは思わずビックリ(爆)

その通りでして(^^♪
桑田さんはその日から便所掃除を始めたそうです。毎日一つずつですが、便器をピカピカに磨いていき
グランドの草むしりを毎日少しずつしていったそうです。
暫くしたら、ある試合前に監督に呼ばれて

「桑田、先発で投げろ」と言われ

「え・・・僕は球も遅いし、変化球も投げれません」と言いましたが

「いいから投げろ!」

気乗りせずにマウンドへいき試合が始まりましたが、やっぱり打たれたそうです。

が、打たれてるのですが9回表でスコアボードには0が並んでた??
そうです、打たれてるのですが、バックがファインプレーや確実な守備で相手に得点を
与えずに勝利(^^♪
コツコツがんばってた桑田さんをチームメイトは見ていたんですね。
頑張ってる桑田のためにもってね(^^♪

桑田さんはこう、言われてました。

「僕と清原だけではあんなに甲子園で優勝を何度もできない。
僕は運が良かったんです。素晴らしいチームメイトに恵まれたから・・・」

今回のこの講演を依頼されたのは司会をされてた日本生命の方だそうです。
そしてその方は桑田さんや清原さんが1年生の時のエースナンバー1番だそうで(^^♪
素晴らしい先輩後輩の縁にもまたまたビックリ??(-^〇^-)

そして再三いわれてあった表の努力と裏の努力・・・・

清原君はあのでかい体を活かす野球。僕は体も大きくないから裏の努力を頑張った。
今で言うダルビッシュ君のような七色の変化球もないし、田中マー君のような
剛速球もない。だから頭を使い、配球を考えて頑張りましたと・・・

たしかに桑田さんの持ち味はカーブを巧みに操る上手さでしたね。
パワーでは太刀打ちできないから総合的な技で勝負を挑んできたと・・・・


講演の最後に質問コーナーがありまして様々な質問が出ましたが
ある女性がこんな質問をされました。

「右肘を怪我された時のダイビングキャッチを後悔されたことはありますか?」

桑田さんは即答されましたね。

「僕らはお客さんからお金を払ってもらって来て頂いてるんです。
だからプレーに手を抜くことは絶対にありません。
なので後悔した事はないです。怪我をしたら直せばいいのですから・・・」

ジョウパパは少し涙が出ちゃいました(^^♪
すごいな・・・この人はって思いましたね。

最後に桑田さんはこういう言葉で挨拶されました。

「僕をここまで成長させてくれた野球に恩返しがしたい。
 だから必ずユニフォームを着ます!」

鳥肌が立ちましたね・・・

桑田さんのお母さんは福岡出身だそうで。
もしかして・・・・黄色のユニフォームも夢じゃない??(爆)
でもやっぱりあのユニフォームが一番似合うからね(^^♪

語り足りませんが、ここらで出勤時間になりましたので
小僧どもの階段ダッシュを覗いて出勤します。



追伸

忘れてはいけない事が・・・

今回の素晴らしい講演会を開いてくれた日本生命福岡総合支社の方々、
チケットを手配していただいたNさん、そして我が妻に感謝します(-^〇^-)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジョウパパ

Author:ジョウパパ
高校球児の息子で野球バカ?穣一朗の父親です(^^♪
仕事はトレーラーの運ちゃん(^^♪
北陸・中国地方・九州一円を走ってます。
趣味はビデオ編集です。

息子の穣一朗は夢の甲子園を目指して小学生時代は
ソフトボールに熱中?
中学ではは軟式野球クラブチームで頑張り
現在は親元を離れて島根県益田市にて高校野球をがんばってます。
憧れの選手はブルージェイズ川崎宗則選手、千葉ロッテ岡田幸文選手(^^)
ポジションは外野手でミート打法中心の左バッター。
夢である甲子園出場を胸に仲間達と日々奮闘中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
DVD作成 (22)
ウインドミル (29)
嬉しいこと (166)
試合 (56)
プライベート (12)
チーム練習 (10)
道具 (21)
野球論 (7)
バッティング (8)
体のケア (5)
悲しいこと (5)
仕事 (7)
自主練習 (2)
目標 (8)
フレッシュリーグ (1)
考えた事 (54)
硬式野球 (1)
独り言 (17)

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。