AX
topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい出来事 - 2012.11.21 Wed

2012/11/21
今年の春くらいから色んな出来事がありました。

まさに

波乱万丈

しかし、誤解されて多くの方に迷惑もかけてる??

なので、ここらで事の流れを説明したいと思います。

穣一朗が、堤ゲンキーズさんを退部した理由は

わたくしジョウパパが、堤ゲンキーズさんの代表さん&監督さんと揉めたからです。

揉めた理由は、指導方針の違いからでした。

多分、想像ですが、このブログの事も嫌だったでしょうし、

穣一朗に与える道具についても良いとは思われてなかったと思います。

要は子供には高い道具は要らない論と高い道具を大事にして教える論??

長くなるので省きます(^^♪

結局、喧嘩別れ的な感じで堤ゲンキーズさんを退部しました。そして田島ソフトさんへ入れてもらいました。

ここで勘違いされてるのが、田島さんが引き抜きしたと思われてる事。

これは、一切ありません。何故なら辞める時までジョウパパはシカ様監督の連絡先も
知らなかったのですから。

そして田島さんに入部して頑張ってた頃、ある話が私の耳に入りました。

フレッシュリーグの会議での発言


「堤ゲンキーズと穣一朗・ジョウパパ親子は一切関係ありません」


「チーム内の情報が漏れるので?ゲンキーズの子供たちは穣一朗と遊んで欲しくない」


当然、ジョウパパは憤慨しましたが、発言された方へは、抗議は、しませんでした。

大人が子供の友達関係までに口を挟む? 

更に追い討ちを書けるように??
ゲンキーズ関係者様から匿名での誹謗的なコメントまで書かれて・・・・

この話は自然と穣一朗の耳にも入ってしまい、夏休みの間、堤の子供たちとは遊びにくい状態でした。

なので殆ど、タツキ率いる山塾メンバーのもとへ遊びに行ってました。

弁当持参でチャリに乗り、隣の隣の?長尾校区へ行き
朝から行われてた山塾の朝練にも参加させてもらったりして夕方まで遊んでました。

福岡少年選手権、甲子園弾丸ツアーと楽しかった夏休みも終わり
フレンドシップ秋季リーグが始まりましたが
もう、そこには笑ってる穣一朗は、いませんでした。

想像ですが、大人では理解できない気持ちがあったと思います。

そして不甲斐ない内容の試合が続いて・・・・

ある夜に

「お父さん、僕はゲンキーズでソフトがしたい」


普通の親なら

「もう少し、がんばれ」と言うのでしょうけど

ジョウパパは、もう、これ以上、穣一朗の心に傷を付ける訳にはと考え、帰れるならと悩んだ結果・・・・

お世話になった田島さんを裏切る様な形で秋季リーグ真っ只中で、退部して堤ゲンキーズ復帰を模索しました。

しかし首脳陣からの回答はジョウパパが挨拶に来たら、復帰を認めるという事でした。

けれどやはり、私は頭は下げなかった。

結局、戻れる事は出来ませんでした。

そんな最中、長丘フラップス主将であり穣一朗にとっては幼馴染であるショウタのお父さんから
電話をもらいました。

「俺はお前の気持ちが痛いくらい分かる。お前が必死になって穣一朗の球を受けてたのは

 俺以上に知ってる奴はいない・・・

 けど、穣一朗の将来を考えたらここで下げたくないだろうけど、下げるべきと思うぜ。

 俺で出来るなら、仲に入るから・・・・」


電話を切って再度、穣一朗に訪ねました。
正直、泣きながら訪ねました。

ジョウパパ・・・・「お父さん、嫌だけどお前がゲンキーズに戻れるなら頭下げに行こうかと
          考えてるけど、どうや?」

穣一朗・・・・・・「お父さん、もういいよ・・・ SGTで練習して頑張るけん・・・」


その後、穣一朗は少しずつ笑顔を取り戻し始めました(^^♪

そしてある夜に穣一朗からこんな話が・・・

穣一朗・・・・・・「お父さん、僕、中学へ行ったら軟式野球がしたい、ダンカーズに行きたい」

ジョウパパ・・・・「お前、タツキと一緒にやりたいとや??」

穣一朗・・・・・・「うん、タツキと一緒に野球がやりたい」

ジョウパパ・・・・「そしたら、山塾でソフトボールしたいや?」

穣一朗・・・・・・「したいけど、そんな事、出来ると?」


それからジョウパパは山塾・福田監督に相談の連絡を入れて急転直下、

山口塾へ入塾して再びソフトボールが出来るようになりました(^^♪

ソフトボールが再び出来る喜びと親友・タツキ&ゆかいな山塾メンバーと
楽しくソフトボールが出来る喜びに満ちたこの笑顔(^^♪

ベーラン


しかし、先週の日曜日にとっても悲しい出来事がありました。

当日はオールスター戦の選考会。

正直、なんか嫌な予感?がしてましたが・・・・・

アップ、キャッチボールと終わり各選手たちは自分の希望するポジションへついて
シートノックを受けてました。
投手の選手は取りあえず、外野へついてノックを受けてました。
その中には、タツキ・ショウタ、そして穣一朗も。

しばらくしてコーチ陣から声が掛かりました。

「ショウタ、タツキ、穣、上がってピッチングせれ~~」

そこで間髪いれず、ある、お方が

「ピッチャーは二人やろ!」

この言葉に、周りの大人も子供も???

結局、穣一朗は投げれませんでした。

次の日に穣一朗から聞きましたが、相当、悔しかったそうです。

発言した方の名前を私は正直に伝えました。

それを聞いて目が真っ赤になっていきました。

そして涙を溜めて言いました。

「それは、今日、学校でみんなが言いよった。

 穣に投げさせたくない人が、ごちゃごちゃ言いよったって。

 オールスターに選ばれて喜んでた奴もおった。なんでお前、選ばれんかったとって言われた。

 でも、俺、そいつらに言ったけん。城南区大会、覚悟しとけよって



こんな記事を書いたら、またまた揉めるでしょうね。

私だって書きたくないし、もめたくない。
けれど、今回の件は、あまりにもヒドイ(;´Д`)

ジョウパパの想いは、ただ一つ。

残り少ない時間を楽しんでソフトボールしてくれたらなって。

実は、山塾に入塾してすぐにジョウパパは穣一朗に伝えてました。

「オールスター戦があるし、出たかろうけど

 お前がフレッシュリーグに居ない間、頑張ってた選手が出るのが

 当たり前だから。 だから我慢しとけよ」


穣一朗は、納得してました。

そんな中で、あの発言・・・・

私に腹立ててるなら私を攻撃すればいいだけなのでは??

穣一朗に罪は無いですよね。

これでまたまた?相当なバッシングは覚悟の上です。

それでも書いてしまったこの内容(  ̄▽ ̄)

だってこのブログは俺のモノ(^^♪



話は変わりまして(  ̄▽ ̄)

昨晩は、タツキも呼んで城南区大会に向けて英気を養うため
焼肉を食べに行きました(^^♪

乾杯

焼き飯こどもビール

とにかくよく食べるこの二人。

焼肉に馬刺し、焼き飯に韓国のりでご飯2杯(^^♪

ジョウパパも久しぶりに飲みまくり??

ストレスが溜まってる?

さぁ、23日は城南区大会です。

地元でありますが、完全アウェーの堤小で堂々と参上しますので
関係者の皆さん、よろしくおねがいしま~す(大爆)





● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joepapa.blog98.fc2.com/tb.php/325-9dbf6ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成24年度 福岡少年ソフトボール連盟主催 城南区大会 予告編 «  | BLOG TOP |  » 仲間たちと(^^♪

プロフィール

ジョウパパ

Author:ジョウパパ
高校球児の息子で野球バカ?穣一朗の父親です(^^♪
仕事はトレーラーの運ちゃん(^^♪
北陸・中国地方・九州一円を走ってます。
趣味はビデオ編集です。

息子の穣一朗は夢の甲子園を目指して小学生時代は
ソフトボールに熱中?
中学ではは軟式野球クラブチームで頑張り
現在は親元を離れて島根県益田市にて高校野球をがんばってます。
憧れの選手はブルージェイズ川崎宗則選手、千葉ロッテ岡田幸文選手(^^)
ポジションは外野手でミート打法中心の左バッター。
夢である甲子園出場を胸に仲間達と日々奮闘中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
DVD作成 (22)
ウインドミル (29)
嬉しいこと (166)
試合 (56)
プライベート (12)
チーム練習 (10)
道具 (21)
野球論 (7)
バッティング (8)
体のケア (5)
悲しいこと (5)
仕事 (7)
自主練習 (2)
目標 (8)
フレッシュリーグ (1)
考えた事 (54)
硬式野球 (1)
独り言 (17)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。